資料請求 お問い合わせ
資料請求 お問い合わせ
TOP > 選ばれる理由

広島市で注文住宅や新築一戸建てのご相談は日興ホームへ

創業40年の信頼と実績 安心の提案・企画力

地域の気候風土、
地元情報に精通

全国規模の大手ハウスメーカーとは違い、日興ホームは地域密着。つまり、気候風土や地元情報に精通し「お客様の暮らし」を何より考えた家づくりのご提案をしています。
例えば、「東広島」の気候は、「新潟」と殆ど変らないことをご存知でしたか?むしろ、冬場の平均気温は新潟より寒いのです。
実際にそこで生活しなければ分からないこと、地域特有の生活様式など・・・何より「地域を愛する気持ち」が大切だと私たちは考えています。

子育て世代を
強力サポート

従業員の大半が、子育て世代の社員。子育ての苦労は身をもって体験しているからこそ、これから家を建てようとお考えのご家族を応援したいと考えています。

  • 家族のコミュニケーションが深まる住まい。
  • 子育て・家事・収納を考えた住まい。
  • いつまでも安心・安全に暮らせる住まい。

形だけの家づくりではなく、大切なのは家を建ててからの暮らしです。だからこそ「住まい方のご提案」や「家づくりのプロとしてのご提案」を積極的に進めてまいります。

いつまでも
安心・安全に

建築費用の7割は、普段目にすることがあまりない「構造」部分です。地盤、基礎、土台、柱や梁、耐震パネルや筋違いなど、いつまでも安心して暮らせるために必要不可欠な「建物の構造」は、ご家族の命を守る一番大切な部分です。

日興ホームでは、地震や災害に強い工法(テクノストラクチャー工法・2×4工法など)や防犯に優れた家、また自然素材を使用した健康住宅など、ご家族がいつまでも安心・安全に暮らせる家づくりをご提案してまいります。

震度7の激震にも耐えうる家 パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー

「木」+「鉄」のオリジナル複合梁
テクノビーム

木には縦向きには強く、横向きには弱いといった特性があり、柱のように縦向きに使う場合は充分な強度が期待できますが、梁のように横向きに使う場合、強度が不足しがちになるという弱点があります。テクノストラクチャーではこの弱点を解決すべく、梁の部分に軽量H形鋼を芯材に上下を集成材で挟んだ複合梁「テクノビーム」を使用し、強度と耐久性を高めました。

基礎・床・壁にも強度を
高い耐震性

高い耐震性の実現には、地盤の性質に適した丈夫な基礎であることが不可欠です。テクノストラクチャーでは地耐力調査を必須とし、その地耐力に応じて最適な基礎を設計。強度に不可欠な「耐力壁」は、梁や土台などと柱の間に筋かいや合板などを組み合わせて構成、壁倍率最大5倍※の仕様を取り揃えております。また、「耐力壁」の強度を発揮するための剛床仕様や屋根仕様を住まいの構造に応じてご用意しております。※

木造住宅の常識を超える

広々空間設計

テクノビームの強さにより、従来柱や壁で支えていた空間を、よりオープンにすることができるようになりました。柱と柱の間を最大約6m(壁心寸法)まで広げられるため、20畳以上もの大きな空間を実現。また、テクノ接合金具の採用により、最大2.8mもの天井高も実現できるように。さらに、バルコニー下に柱を出さずに外へ持ち出せる長さが最大で木製梁の2倍にもあたる1間(約1.8m)まで広がるので、ゆとりのバルコニーを実現できます。


※地域、階数、プランにより仕様が異なります。
安心のテクノロジー テクノストラクチャーについて詳しく知る

余計な時間とコストの削減 納得の価格

厳選された土地情報を豊富にご用意 地域密着型の土地情報

サイトマップ

TOP
安心のテクノロジー
施工事例
お客様の声
家づくりガイド
土地を探す
アフターサポート
選ばれる理由
資料請求・ダウンロード
お問い合わせ
お知らせ一覧
スタッフブログ
総合トップ
コンセプト住宅
注文住宅
土地有効活用
モデルルーム
イベント・セミナー情報
分譲住宅
リフォーム
会社案内
サイトマップ
プライバシーポリシー
日興ホームInstagramへ ページトップへ